ガット張り替えの目安・頻度

切れないから張り替えてないやーっ

 

週1回しかしてないからまだまだいける!って方をよくみかけますが

 

ガットの張り替えはどの程度で行えばよいのか張り替えないことのデメリットなどをまとめていきます。

 

なぜ張り替えなければいけないのか??

結論から言っておくと理由はなんであれ定期的に張り替えることをお勧めします!!

 

下記にまとめていきますが張り替える理由はあっても張り替えないことによってデメリットはほとんどありません

強いていうならグロメットへのダメージがだるくらいです。

 

  • テンション(張力)は落ちていくから
  • ノッチによりガットの動きが悪くなる
  • スナップバック性能低下
  • 打球感の変化

 

理由は様々ですが張り上がった瞬間から変化していき時間経過や打球数に応じてだんだん劣化していきます。

 

テンション(張力)が落ちていくから

よく聞くテンションロスというやつですね

 

どんなにテンション維持の良いと言われるガットでも張り上げた瞬間から少しずつテンションは落ちていきます。

 

Sくん
ただポンドが下がって柔らかくなるだけじゃないの?
緩くなるだけで使えないことはないよね?って思われる方もいると思いますが
例えば50ポンドで張ったものがロスして数値上40ポンドになっていたとして
もともと40ポンドの張り上がり直後のものと同じかというと別物なのです。
一度伸ばしたガットのテンションが落ちていってしまうと素材自体の弾力や復元力も失われてしまっていくので長期間張りっぱなしのものはあまりお勧めではありません。

ノッチによりガットの動きが悪くなる

ノッチとはガットとガットが交差してある部分にできる窪みのことです。

ノッチができてしまうとインパクト時に本来ずれて元に位置に戻るスナップバックという現象が起きにくくなります。

 

溝にガットがはまってしまってガット自体がずれなくなるからですね。

 

これが深くなってくるとスピンのかかりに影響がでてきます!

 

スナップバック性能の低下

これは上記の2つに重なる部分がありますが

 

前述したノッチによるガットの動きが悪くなることでスナップバックしにくくなりますよという部分と

 

動いたあと戻る力がテンションロスしてるとなくなってきますよねって話の違いになります。

 

テンションロスをしていくとだんだんとガットが弛んできてしまい動いたまま戻ってこなくなります。

 

これだとただずれているだけなのでスピンにつながりません、、、

 

要するに

Kさん
ガットは消耗品です!!
物理的な耐久だけみれば切れなければ使えますが
性能面での寿命としては張り上げ時にかけてある張力はだんだんとラケットから逃げていくのでずっとは使えませんよって事です。
勿論たくさん練習してたりレベルの高いハードヒットをしていればより寿命を削り
練習頻度が少なかったり初級レベルであったりすれば長く使えたりもします!!
最新情報をチェックしよう!
>

テニスギア好きがいきすぎて使用感を記録しています! ガットを中心にまとめていますがラケットやその他のものも使う機会があれば記事にしていきます!